Q&A

Q&A一覧

no image

Q.古い抵当権を抹消する方法について教えてください。

2019.05.23Q&A

ご相談内容は, “相続により取得した不動産を売却しようと業者に相談に行ったところ,古い抵当権が設定されており,これを抹消しないと売却するのは難しいと言われました。しかし,抵当権者に心当たりはありませんし,詳しい事情につい […]

続きを読む
no image

Q.私はマンションの管理組合の理事長をしています。長期間にわたり管理費・修繕積立金等を滞納している区分所有者がいて困っています。何か取り得る手段はないのでしょうか?

2019.05.17Q&A

ご質問は, “マンションの管理組合の理事長をしていますが,長期間にわたり管理費・修繕積立金等を滞納している区分所有者がいて困っています。滞納者のマンションに対する強制競売も考えましたが,管理会社に調べてもらったところ,滞 […]

続きを読む
no image

Q.法務局で自筆証書遺言を保管してくれる制度が始まると聞きました。具体的にはどのような制度なのでしょうか?

2019.04.19Q&A

この度,民法が改正され,2019年(平成31年)1月13日以降に作成される自筆遺言証書については方式が緩和され自筆遺言証書に添付する財産目録は自書でなくてもよくなり,財産目録の各頁に署名押印することで足りるようになりまし […]

続きを読む
no image

Q.インターネット上に無料で求人広告の掲載をしてくれるという業者と契約したのですが,無料広告期間が経過し有料の広告掲載契約に自動更新されたとして高額の求人広告掲載料の請求書が届きました。求人広告掲載料を支払わなくてはならないのでしょうか?

2019.04.02Q&A

ご質問は, “インターネット上に無料で求人広告の掲載をしてくれるという業者と契約したのですが,3週間が経過したところ,無料広告期間が経過し有料の広告掲載契約に自動更新されたとして高額の求人広告掲載料が記載された請求書が届 […]

続きを読む
no image

Q.当社の開発主任の地位にあった従業員Xが退職することになったのですが,退職後当社が行う事業と競業する会社を立ち上げるようです。当社として何か取り得る手段はないでしょうか?

2019.03.29Q&A

従業員Xに「競業避止義務」を課すことで会社が被る不利益を最小限に抑えることができます。競業避止義務とは,在職中の従業員が兼業をしたり,退職後に競業行為を行うことなどを禁止するものです。会社が取り得る手段・方法について具体 […]

続きを読む
no image

Q.私は夫と子どもの3人家族です。財産としては,自宅と預貯金がありますが,もし夫が先に亡くなった場合,今住んでいる家に住み続けることができるのでしょうか?

2019.03.19Q&A

今般相続法が改正され,「配偶者居住権」という権利が新設されました。これまで配偶者は,相続において,自宅に住み続けるために自宅を遺産として取得した結果,金融資産をほとんど受け取ることができなくなって老後の生活に支障を来した […]

続きを読む
no image

Q.最近,自筆証書遺言の方式が緩和されたそうですが,遺言書をパソコンで作成してもいいのでしょうか?

2019.03.15Q&A

  これまでは自筆証書遺言を作成する場合には全文自書する必要がありましたが,改正により「財産目録」についてはパソコンで目録を作成したり,通帳等のコピーを添付すればよいこととなりました。(財産目録や添付資料には署 […]

続きを読む
no image

Q.「法定相続情報証明制度」とはどのようなものですか?

2018.06.11Q&A

昨年から全国の法務局において,「法定相続情報証明制度」が始まりました。「法定相続情報証明制度」とは,亡くなった方の相続関係を証明するもので,必要書類を揃えて法務局へ申出をすると,相続手続きに必要な証明書(認証文付き法定相 […]

続きを読む
no image

Q.自賠責保険に対する被害者請求の時効はありますか?

2016.08.25Q&A

前回,交通事故による損害賠償請求権の消滅時効についてお話ししましたが,自賠責保険に対する被害者請求についても消滅時効があります。 ◎自賠責保険に対する被害者請求の消滅時効 (※H22.4.1以降に発生した交通事故の場合) […]

続きを読む
no image

Q.交通事故による損害賠償請求権の消滅時効について教えてください。

2016.08.24Q&A

交通事故による損害賠償請求権は,長期間行使しないでいると,時効により消滅してしまいます。 交通事故による損害賠償請求権の消滅時効については,民法724条が,「不法行為による損害賠償の請求権は,被害者又はその法定代理人が損 […]

続きを読む